タグ:Distagon T* 2.8/25 ( 2 ) タグの人気記事

我が心は石にあらず

α7 II + Planar T* 2/50 ZM & Distagon T* 2.8/25 Y/C


b0173751_10250972.jpg



b0173751_10260526.jpg



b0173751_10251880.jpg



b0173751_10250378.jpg



b0173751_10245428.jpg



b0173751_10255113.jpg



b0173751_10255968.jpg



b0173751_10253499.jpg



b0173751_10252554.jpg



b0173751_10254431.jpg






[PR]
by David_lam | 2017-05-13 10:42 |

『ハッピーアワー』at 高崎電気館


SONY α7 II + CONTAX Distagon T* 2.8/25 & NOKTON Classic 35mm F1.4 S.C.


b0173751_19035166.jpg


b0173751_19023137.jpg


b0173751_18544082.jpg


高崎映画祭の上映会で『ハッピーアワー』を観てきました。もちろん通しで。

いわゆる気の置けない関係を続けている4人の、30代半ばの女性たちの物語です。
バツイチの看護師・あかり以外は、婚姻関係継続中。桜子は中学生の息子もいる専業主婦で夫は実直な公務員。ワークショップや短編小説の朗読会などを主宰する仕事をしているキャリアウーマンの芙美は、編集者の夫と暮らす。純の夫は生命物理学者。神戸が舞台。

…作品については、私の下手な文章より、このブログ記事を読んでいただいた方が良いでしょう。

文芸評論家の中島一夫氏の作品評です。

ひとは変わる。変わってゆく。特に女性は、自らの変化を受け容れることをあまり厭わないのではないか。そんなことを思いました。休憩を入れたら6時間の作品ですが、その長さは決して苦痛ではありません。とても観応えがある映画です。

ひとつ、私が抱いた印象を書かせて貰うと、神戸という舞台がこの作品を形作る大きな要素になっているのではないかということ。
(続きを↓「More...」に書きました)


More
[PR]
by David_lam | 2016-04-04 07:22 | 観・聴