タグ:Nokton 40mm ( 49 ) タグの人気記事

朽ちる(2)


SONY α7 II + NOKTON Classic 40mm F1.4 S.C.

b0173751_19162645.jpg



b0173751_19155969.jpg


b0173751_19153001.jpg


b0173751_19141606.jpg



b0173751_19165478.jpg



b0173751_19132599.jpg

2016年・大晦日
[PR]
by David_lam | 2017-01-02 05:36 |

朽ちる(1)


SONY α7 II + NOKTON Classic 40mm F1.4 S.C.

b0173751_19161907.jpg

b0173751_19160511.jpg

b0173751_19164643.jpg

b0173751_19140849.jpg

b0173751_19134710.jpg

b0173751_19163889.jpg

2016年・大晦日、残照の中で。
[PR]
by David_lam | 2017-01-02 05:19 |

わが町


SONY α7 II + NOKTON Classic 40mm F1.4 S.C.


b0173751_08442105.jpg


「第13回古典戯曲を読む会@上田 」に参加しました。
この会には前々から興味があったのですが、今回が初めての参加でした。

ドキドキしながら「参加」ボタンを押し、しかし「やっぱ行くの止めようかなあ」と直前まで迷いましたが
思い切って参加させてもらいました。

とても楽しかった!

今回の戯曲はソーントン・ワイルダー作『わが町』。ピュリッツァー賞受賞の戯曲です

戯曲とは言えブンガク作品を朗読して参加者の皆さんの感想を聞き自分もまた感じたことを言う、
そんな体験は(高校までの国語の授業以外では)私には生まれて初めてだったような気がします。
しかも初対面の方々と。


この歳までずっとひとりで本を読んできました。
たまにだけど、お芝居も大概ひとりで観てきた。
それで満足でした。

でも、同じ作品をほかの人たちと味わうことが、こんなに楽しいことだったとは。


文学を含む優れた芸術作品は、作品そのものが人々の心を動かします。
しかし作品には当然作者が居て、生まれ出でた時代がある。
作者と時代を識ることで、その作品はより大きく私たちの心を動かします。

他の人と作品を一緒に味わうということは、作品のバックグラウンドをより良く識ることでもあります。


夜も更けて会が終わり家に帰る途中、千曲川の水面が月の光に反射してキラキラ光っていました。
美しいその景色を見て、堤防道路にクルマを停め私は写真を撮りました。
ちょっとブレてしまった。


[PR]
by David_lam | 2016-06-25 23:40 |

鍛冶町から原町を抜け木町へ


SONY α7 II + NOKTON Classic 40mm F1.4 S.C.


b0173751_04512153.jpg



b0173751_04520761.jpg



b0173751_04521681.jpg



b0173751_04522596.jpg



b0173751_04523275.jpg


…一番下の写真は海野町の「上田デパート」ですが。
(上田デパートはすごく楽しいところだったのですが、今はもうやっていません)

上田のような城下町には、やはり昔の町名が合います。
「中央何丁目」とか「常田何丁目」などと言われても、未だに私はピンと来ない。
旧町名に戻してほしいです。

上田情報ビジネス専門学校の生徒さんたちが作った「上田城下町懐かしMAP 」。
良いですね。

[PR]
by David_lam | 2016-05-24 05:54 |

NABO或いは小島紙店

SONY α7 II + NOKTON Classic 40mm F1.4 S.C.

b0173751_04533146.jpg
Sumaron 35mm F3.5

b0173751_08032647.jpg

b0173751_08033951.jpg

b0173751_08033212.jpg


b0173751_08034797.jpg



中学生の頃、新聞を作っていました。
当時私の家には、なぜか謄写版の印刷機一式と鉄筆セットと鑢盤とガリ版原紙がありました。つまり紙とその気さえあれば、ガリ版新聞というメディアを自ら送り出せる環境にあったわけで、それに気付いた私は、クラス内のくだらないゴシップを集めて記事にしガリガリとガリ版を作りせっせとわら半紙に印刷をして、クラスの皆に配っていたわけです。惜しいことに3号ほど発行して、その新聞は廃刊になりましたが。

その時のわら半紙やらシワが入っていない新しい原紙やら修正液やらの調達元が、家の近所にあった「小島紙店」という紙や文房具一般を扱うお店でした。宿題や夏休みの自由研究で使う模造紙とか画用紙なんかは、ここに買いに行きました。太ったメガネのおばさんか禿げた背の小さなおじさんが売ってくれました。
市川崑監督の映画『犬神家の一族』の冒頭、金田一探偵が歩いて来るシーンに、このお店がちょこっと映っています。1976年版、2006年版の両方ともに。

前置きが長くなりましたが、いつの間にか小島紙店は廃業となり、しかしやがてそこは建物の外観はそのままに、haltaという北欧雑貨の店とカフェおしゃれな空間に生まれ変わりました。小島紙店が在庫していたすでにレトロになった文房具たちも、しばらくはそこで売られていました。

そして今はバリューブックスが経営するBOOKS & CAFE NABO.というお店になっています。リンクを見ていただければお分かりになると思いますが、小さなイベントを実にこまめに開催していたりして、地域の新しい文化の発信地になっています。Facebookページに詳しい情報が載っています。

先日訪れたときに私が買ったのは、ベルンハルト・シュリンクの本2冊。新潮社クレストブックスの本が2冊で900円! とても嬉しい。

今『真田丸』で賑わっていますが、上田は決して「赤い甲冑」だけの町ではない。
もし上田に来る機会があれば、こんなお店にも寄っていただきたいと思います。


※3/13 別の日にズマロン三半で撮った写真を追加しました。




[PR]
by David_lam | 2016-03-07 09:48 |

松本、正月。2015

Bessa R3A + NOKTON Classic 40mm F1.4 S.C.


b0173751_795249.jpg



b0173751_795982.jpg



b0173751_710680.jpg



b0173751_7101284.jpg



b0173751_7101551.jpg



2015年1月2日、松本市にて。

珍しくコダックゴールド200を使ったのですが、カメラの設定がISO400のままでした。ですのでスキャン時に弱い逆光補正を掛けました。結果、ずいぶんとコクが出てしまいました。

最近は「ソニーのα7とマウントアダプターを買ってMマウントレンズを使おうかなあ」などとデジタルへの移行も考えています。でもカメラも含めてフィルムは、やっぱり捨てがたい。

[PR]
by David_lam | 2015-02-15 08:36 |

坂道

R3A + NOKTON Classic 40mm F1.4 S.C.


b0173751_1932989.jpg



b0173751_19321489.jpg



at Ebisu, Tokyo


この日は東京芸術劇場にて劇団、本谷有希子の『遭難』を観劇。

[PR]
by David_lam | 2013-01-06 19:56 |

去年の秋は

[Voigtländer Bessa R3A + Nokton Classic 40mm F1.4]


b0173751_938010.jpg



b0173751_9382685.jpg



b0173751_9382065.jpg



b0173751_9384443.jpg



b0173751_9383943.jpg



b0173751_9385019.jpg




まだ秋だったのである、私のカメラの中は。
[PR]
by David_lam | 2012-02-11 09:49 |

秋と冬の間

[Voigtländer Bessa R3A + Nokton Classic 40mm F1.4]


b0173751_18294122.jpg



b0173751_18293166.jpg

[PR]
by David_lam | 2012-01-28 19:04 |

レンガ小径


[Voigtländer Bessa R3A + Nokton Classic 40mm F1.4]


b0173751_7254919.jpg



b0173751_7255473.jpg




青山・秋。
宿泊したホテルに着くと、結婚式があったのか、着飾った人たちが帰ってゆくところだった。


冬の写真は?、ですねそうですね。

[PR]
by David_lam | 2011-12-11 08:39 |