タグ:Super Angulon 21/3.4 ( 10 ) タグの人気記事

土曜日・早朝・千曲川


SONY α7 II + Super-Angulon 21mm F3.4


b0173751_08484059.jpg



b0173751_08484924.jpg

b0173751_08482661.jpg

休日の朝のひとときを千曲川の河原で過ごす。
まだまだ寒い。淹れてきたコーヒーを飲む。kindleで気楽な小説を読む。クルマから降りて、写真を撮る。

数年前に再コーティングして貰ったMマウントのスーパーアンギュロン。
正直持て余していたけれど、デジタル一眼レフで蘇るとは。

周辺光量落ちは補正していません。開放付近で撮ったら、凄いことになりました。

[PR]
by David_lam | 2016-03-05 09:22 |

19:00 新宿発


M4 + Super Angulon 21mm F3.4

b0173751_691250.jpg



b0173751_69739.jpg



b0173751_69386.jpg



b0173751_685895.jpg



最近は東京への行き帰りに高速バスを使うようになった。
新幹線の半額以下で済む。
ただしそれなりに移動時間が長いので
体力に余裕があるときでないと、ちと無理。

[PR]
by David_lam | 2011-09-03 06:26 |

真昼


M4 + Super Angulon 21mm F3.4


b0173751_2139439.jpg



b0173751_21443251.jpg



b0173751_21394011.jpg



b0173751_21393580.jpg



暑かったね。
[PR]
by David_lam | 2011-08-25 21:50 |

アンダー

三軒茶屋・7月

M4 + Super Angulon 21mm F3.4


b0173751_21154562.jpg



b0173751_21153745.jpg



b0173751_21154191.jpg



b0173751_21152117.jpg



b0173751_2115328.jpg



久しぶりにM4とSuper Angulonを持ち出した。
刺すような真夏の日差しに、露出の勘も狂わされたか。
いや、元よりマニュアル露出は得意ではなかった。

この後、シアタートラムにて阿佐ヶ谷スパイダース『荒野に立つ』を観劇。

[PR]
by David_lam | 2011-08-20 21:45 |

続く

M4 + Super Angulon 21mm F3.4 (M)

b0173751_815022.jpg


b0173751_82572.jpg


b0173751_821971.jpg


b0173751_823493.jpg



年が変わったとて
わたくしは自動更新されるわけでなく

少しづつ 
それでも変わっていけたら、と思うのです

[PR]
by David_lam | 2010-01-02 08:13 |

蚕都残像・モノクロ編

2009年9月撮影

b0173751_9354934.jpg


b0173751_9292256.jpg


b0173751_924428.jpg


b0173751_925124.jpg


b0173751_9252595.jpg


b0173751_9253886.jpg


b0173751_9255145.jpg



M4 + Super Angulon 21mm F3.4(M) & NOKTON 50mm F1.1

1枚目と2枚目は鉄筋コンクリートの繭倉。大正15年(1926年)竣工ということ。こちらは見た目、未補修。
4枚目は「常田館」と呼ばれる明治41年(1908年)に建てられた和洋折衷の建築物。

スキャナ(Canon 8800F)を購入したので
キタムラでたぶんカラーネガモードにてスキャンされてしまった(!)ネオパン400のネガを、再スキャンしてみた。
…当然ながら、ちゃんとコントラストが出た。
スキャナを買ったのは、モノクロフィルム自家現像の布石でもあったりする。

「蚕都シリーズ」は、これでおしまい。
[PR]
by David_lam | 2009-12-13 09:56 |

蚕都残像・その1

2008年2月撮影
b0173751_86546.jpg

Zeiss Ikon + Color-Skopar 28mm F3.5


b0173751_894613.jpg

M3 + Super Angulon 21mm F3.4


b0173751_8111482.jpg

Zeiss Ikon + Color-Skopar 28mm F3.5


長野県上田市は幕末から昭和に掛けて蚕糸業で発展しました。

往時を偲ばせる建築物は市内各所にまだ見受けられますが、老朽化や区画整備で取り壊されてゆく建物も少なくありません。

現在は電子機器や各種成形品などを扱う笠原工業株式会社は、明治期「常田館製糸場」として蚕都・上田の繁栄を担っており
その敷地内には当時製糸工場や繭蔵として建てられた建築物が未だ多く残されています。

私は昨年冬に、それら蚕都の象徴的建物をフィルムに収めてみました。


しかしながら、それから程無くして、その笠原工業に面する道路の拡張工事が始まり…

(「その2」に続きます)



[PR]
by David_lam | 2009-11-15 08:52 |

北国街道 上田市常田

M4 + Super Angulon 21mm F3.4
b0173751_6101460.jpg


市川崑監督の映画『犬神家の一族』のオープニングは、1976年版と2006年版ともに
田舎街を金田一耕介が歩いて来るところから始まりますが、
そのシーンが撮られた場所が、ここ旧北国街道・上田市下常田です。

あの映画で金田一探偵が活躍したのは終戦後間もない昭和20年代なのですが
1976年版のオープニングはロケ映像がほぼ未加工で使われていたのに対し
2006年版では、同じ場所を撮りながらも
VFXを駆使してやっと終戦直後の街並みを再現していたようです。

現在でも通りには旧街道の面影を残す建物は、少数ながら点在しています。
上の写真の家並み数軒はとある資産家の所有のもので、すでに朽ち始めている感じはしますが
私の憶えている限り、これでも数回壁の塗り直しがなされています。

しかし一般の住民には古い家を補修・保存する余裕は無く
風情ある昔ながらの建物たちはただただ古び朽ち、
やがてそのほとんどが機能的な真新しい住居へと建て替えられてゆきます。

もしもう一度『犬神家の一族』がリメイクされるとしても
オープニングのバックにここの家並みが映されることは、ないでしょう。



この通りには「毘沙門さん」と呼習わされる小さなお堂があります。
下の写真はそこにあるお地蔵さんです。

毘沙門さんのお話は、また日をあらためて。

(Summilux開放は、やはりボケボケですね)



M4 + Summilux-M 35mm F1.4 (球面・チタン)
b0173751_6103890.jpg






[PR]
by David_lam | 2009-09-27 16:52 |

NOKTON 50mm F1.1、買う?

b0173751_21445896.jpg


ちょっと悩み中です。
F1.1ってどんな世界なんだろう?
やっぱり重いのだろうか?
作例写真見ると二線ボケがトゲトゲしい感じがするなあ、とか。

いや。ちょっと待て。
Mマウントの50mmレンズはすでに2本あるではないか。
我が家には。すでに。



…でも、買っちゃうんだろうなあ。どうせ。



M4 + Super Angulon 21mm F3.4
[PR]
by David_lam | 2009-07-07 22:28 |

七時間ほど眠りたい

西新宿あたり
b0173751_21575427.jpg


b0173751_2241498.jpg


b0173751_22191464.jpg


さいきん4時間以上連続して眠ることができないのである

7時間、眠らせてください


M4 + Super Angulon 21mm F3.4

[PR]
by David_lam | 2009-06-03 22:10 |