人気ブログランキング |

イニシュマン島のビリー

SONY α7 II + Voigtlander COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 C-Type

b0173751_09264705.jpg



b0173751_09270722.jpg


b0173751_09271595.jpg

b0173751_09272268.jpg





舞台『イニシュマン島のビリー』at 世田谷パブリックシアター、3月26日の昼公演を観てきました。
八割方は女性客かなあって感じで、もちろんお目当ては古川雄輝君なんでしょうけど(柄本時生君目当てかも知れないじゃないか!)、私は鈴木杏さんの演技が見たくて。

当日の私のツイートより↓

「『イニュシュマン島のビリー』は杏ちゃんの破壊力が文字どおり凄かった。声量からして山西惇の次だし。柄本時生とのとある絡みの場面では、完全に客が引いてたぞ。いや、それでいいんだ! 杏ちゃんよ、もっと客が凍りつくほど暴れてくれ!」


翌日朝のツイートより↓

「『イニュシュマン島のビリー』の全体に流れる生温さって何から来てるんだろうって昨日お風呂入りながら考えたんだけど、あのお芝居は現代的な社会批判が一切無いのね。ヒトラー云々の話はほんのついでに言及されるけど遠い世界の出来事扱いだし、身障者やアイルランド人への差別についてもこんなもんだろうくらいの描」

「き方で、特に主題って訳でも無い感じ。宗教に関する微妙なところは、まあどうなんだろ。そんなに重要とも思えない。要は狭い共同体の中の人間たちって、こんなもんなんだよ、って芝居なのかね。アメリカから来た映画撮影隊の視点そのものってことか」

「要するにわしは「悲劇」が好きってことだな。ビリーのあの後の運命がどうあれ、『イニュシュマン島~』は結局のところハッピーエンドだと感じたんだ」


そして今朝、パンフレットをよく読んでみました。私は、そこでやっと次の二つのことを知ります。

1. 作者のマーティン・マクドナーはロンドン生まれだが、アイルランドからの移民労働者二世であること

2. この芝居の原題は「The Cripple of Inishmaan=イニシュマンのびっこ」であること


つまり、舞台がアイルランドで登場人物が皆アイルランド人であることと、主人公が障がい者であることは「こんなもんだろう」以上の重さを持っているんですね。そこで描かれる物語から得られる印象は決して「生ぬるさ」ではなく、言わば「優しさ」であると、私は認識を改めました。



写真は、観劇を終えて歩いた三軒茶屋の街です。



by David_lam | 2016-03-28 17:12 | 観・聴
<< 『ハッピーアワー』at 高崎電気館 上田散歩 ディスタゴン2.8/25編 >>