人気ブログランキング |

タグ:COLOR-SKOPAR 28mm ( 2 ) タグの人気記事

蚕都残像・その2

いち民間企業が所有するに過ぎぬ繭倉など蚕都の面影を残す古い建物は、道路拡張によって取り壊されてしまうのか?
いいえ、ちゃんと曳家(数メートル引っ込める)され、同時に改修もされました。


「繭倉」曳家/改修前(2008年2月撮影)

b0173751_17574127.jpg


曳家/改修後(2009年9月撮影)

b0173751_1758121.jpg


この繭倉は1908年頃竣工の建物らしいです。明治41年ですね。
日本ではブラジルへの移民が始まり、アメリカではT型フォードが発売された年だそうです。


曳家/改修前
 
b0173751_18121110.jpg


曳家/改修後

b0173751_18123661.jpg



まー、正直ちょっとキレイになり過ぎちゃった感はありますが、失くなってしまうよりずっといい。

この曳家による建物の保全の際、笠原工業株式会社の社長さんは「壊すのは簡単だけどさ、遺してみたいかな」と仰ったそうです。
飄々とした言葉ですが、昨今の経済情勢の中、具体的な利益を生まない事業を裁可するのはとても勇気の要ることだと思います。
その決断に敬意を表します。
by David_lam | 2009-11-21 11:24 |

蚕都残像・その1

2008年2月撮影
b0173751_86546.jpg

Zeiss Ikon + Color-Skopar 28mm F3.5


b0173751_894613.jpg

M3 + Super Angulon 21mm F3.4


b0173751_8111482.jpg

Zeiss Ikon + Color-Skopar 28mm F3.5


長野県上田市は幕末から昭和に掛けて蚕糸業で発展しました。

往時を偲ばせる建築物は市内各所にまだ見受けられますが、老朽化や区画整備で取り壊されてゆく建物も少なくありません。

現在は電子機器や各種成形品などを扱う笠原工業株式会社は、明治期「常田館製糸場」として蚕都・上田の繁栄を担っており
その敷地内には当時製糸工場や繭蔵として建てられた建築物が未だ多く残されています。

私は昨年冬に、それら蚕都の象徴的建物をフィルムに収めてみました。


しかしながら、それから程無くして、その笠原工業に面する道路の拡張工事が始まり…

(「その2」に続きます)



by David_lam | 2009-11-15 08:52 |